診療報酬ファクタリングの2社間と3社間の違い4選と選び方

診療報酬ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類の取引形態があります。

以下では2社間についてと3社間についてまずはご説明していきます。

 

2社間ファクタリングとは?(診療報酬ファクタリング)

2社間ファクタリングは、あなたの医院とファクタリング会社が契約して資金調調達する取引形態になります。

支払基金の社保や国保連には債権譲渡通知は不要という事が大きな特徴になります。

債権譲渡の通知が不要なため、支払基金に資金調達していることが周知されずに資金調達できることから、今後の付き合いや関係性を崩したくない方や国保連などにバレたくない理由がある方にとっては有効な方法になります。

 

3社間ファクタリングとは?(診療報酬ファクタリング)

2社間と違い3社間ファクタリングの場合は、あなたの医院とファクタリング会社、支払基金の3社で契約を結び、資金調達する方法になります。

支払基金に債権譲渡通知を送り、同意を得た上で、レセプトが医院からファクタリング会社に移行されます。

2社間の場合は、振り込まれたレセプトをファクタリング会社に入金する流れ。

3社間の場合は支払基金からのレセプトの支払い先があなたの医院からファクタリング会社に変更される。

支払基金からレセプトが支払われていたのがファクタリング会社からレセプトが振り込まれるという流れになります。

 

2社間と3社間の主な4つの違い

2社間 3社間
債権譲渡通知の有無 無し 有り
現金化までのスピード 早い 遅い
手数料 高い 安い
掛目 3社間に比べて低い 70~90%

違い①債権譲渡通知の有無

債権譲渡通知の有無が大きな違いの1つ目になります。

<2社間ファクタリング>

2社間ファクタリングは債権譲渡通知が不要なため、相手先や支払基金に資金調達していることがバレずに現金化できるというメリットがあります。

医療機関などでは大きなメリットにはなりえないのですが、一般業種の場合は相手先や取引先に資金調達していることがバレてしまうと「あの会社経営困難なのか!」と疑われ今後の付き合いに支障が出たり、契約を破棄されてしまうリスクがあるため2社間を利用する企業も多いです。

 

<3社間ファクタリング>

医療機関のファクタリングの場合は主に3社間での取引が一般的になっています。

3社間の場合は債権譲渡通知が必要で、支払基金である社保や国保連に送付し、同意の上で契約という段階を踏んでいきます。

そのため社保や国保連にファクタリングで資金調達していることが周知されてしまいます。

ですが支払基金である社保や国保連とは金銭だけの関係なので周知されてもデメリットには一切ならないという側面があります。

このことから診療報酬ファクタリングでは3社間を採用している会社や業者が多いのです。

 

違い②現金化までのスピード

2社間の場合は、即日・当日・翌日などすぐに資金化できる大きなメリットがあります。

3社間の場合は一般的には2~3週間前後での資金化となるケースが多いです。

ですが現在は即日や翌日など柔軟に対応してくるファクタリング会社も増えてきている印象です。

なぜこのような入金のスピードの違いが生まれるのか?その理由は

上記でも説明した「債権譲渡通知」が関係しています。

 

2社間の場合は、社保や国保連との契約や債権譲渡通知を送る必要がないため、すぐに現金化できます。

3社間の場合は、社保や国保連に債権譲渡通知を送付する必要があり、同意を得る必要もある。

上記の理由から送付までの時間や返信まで時間などがあるために入金までのスピードが遅くなってしまうのです。

 

違い③手数料

2社間の方が手数料が高い、3社間の方が手数料が安くなっています。

2社間ファクタリングの場合、手数料は一般的に10~30%なのですが、これは一般業種の場合で

診療報酬債権は信用度が高く、倒産リスクの無い国営保険機関に対する債権であるため、必ず支払いを受けることができます。そのため、非常に安全性の高い優良債権として高い買取率での買取を行います。

 

一般業種の場合、2社間だと売掛先が倒産してしまうと、回収できなくなり、ファクタリング会社が貸し倒れのリスクが高まってしまうため手数料を高く設定しています。

その流れで診療報酬ファクタリングでも2社間の方が手数料が高くなってしまうのです。

 

3社間の場合は債権譲渡通知で同意を得ているため、ファクタリング会社の貸し倒れに対するリスクが減るため手数料も安くなります。

3社間の一般的な手数料は3~10%と言われています。

 

違い④掛目

こちらもファクタリング会社の貸し倒れのリスクを考えて設定されています。

2社間の場合は、掛目を高く設定してしまうと、万が一回収できない場合膨大な負債を背負ってしまう。

そのため掛目は低く設定されています。

 

3社間の場合は高い場合だと診療報酬債権の95%を買い取り対象にしている会社もあります。

回収できないリスクが少ないため、より多くの現金を買取ることができるということです。

 

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの選び方

どちらの取引形態を選ぶかは利用者によって全く違ってきますので正解はありません。

2社間ファクタリングを選ぶべき経営者の特徴

  • 手数料が高くても今すぐに現金が必要な方
  • 何らかの理由で支払基金にバレずに資金調達したい方

 

3社間ファクタリングを選ぶべき経営者の特徴

  • 手数料重視してできるだけ安くしたい方
  • より多く現金化したい方
  • 長期的にファクタリングを利用しようと思っている方
  • 今すぐなどの急用でない方
  • 資金調達が周知されても問題のない方

 

終わりに

診療報酬ファクタリングの2社間と3社間の4つの違いと選び方をご紹介しました。

2社間 3社間
債権譲渡通知の有無 無し 有り
現金化までのスピード 早い 遅い
手数料 高い 安い
掛目 3社間に比べて低い 70~90%

こちらを参考に選んでいただければと思います。

ですが2社間ファクタリングに関してはおこなっている会社が少なく比較する会社が少ないです。

3社間ファクタリングの場合はおこなっている会社が多いため比較検証してあなたにとって一番良い会社を見つけやしメリットなどもあります。

それらを考慮して選ぶとよりよいファクタリングができますよ。

SNSでもご購読できます。